金のいぶき

金のいぶきコンセプト

宮城の風土が生んだ、輝く玄米。
手軽に炊けて、
「金」のおいしさ。

米どころ宮城から、待望の玄米ブランドが登場。
2011年の春、東日本大震災直後の田んぼに植えられ、たくましく生き抜いた姿は東北・宮城の希望となり、
その一粒一粒の輝きから「金のいぶき」と名付けられました。

通常の玄米の3倍もの大きさを誇る胚芽部分には、GABAやビタミンEなどの栄養成分がたっぷりと含まれ、
からだに優しい食生活を心がけたい方にもぴったり。
しかも、白米と同じように簡単に炊くことができるので、いつでも手軽に召しあがっていただける。

玄米の新時代は、
ここ宮城からはじまります。

金のいぶき3つの特徴金のいぶき3つの特徴

イベント情報

2019.11
「だて正夢」&「金のいぶき」プレゼントキャンペーン

現在開催中の「おいしい“みやぎ米”プレゼントキャンペーン」に合わせて、…

2019.08
アグリフードEXPOでみやぎ米のPR

8月21日(水)、22日(木)の2日間、東京ビッグサイトで食の展示商談会…

2019.07
宮城県のふるさと納税「ふるさと宮城寄付金」がメニュー化されました。

“日本一を目指すみやぎの『お米』応援”メニューでは…

2019.03
マルデトウホクで「だて正夢」「金のいぶき」をプレゼント

3月22日、23日の二日間、東京駅の丸ビルで開催される復興…

活動報告一覧を見る

金のいぶきアイディアレシピ

スペシャルムービー

Tweets by kinnoibuki

MENU